焼酎好きの独り言のブログです。焼酎以外のおいしいお酒のネタも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかむら「なかむら」 有限会社中村酒造場(鹿児島)
原料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
麹:米麹(ヒノヒカリ・白麹)
仕込み:一次・甕、二次・タンク
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:甕
度数:25度
容量:1,800mL

 今回紹介するのは、以前「なかむら穣」を紹介した鹿児島県霧島市にある中村酒造場さんの「なかむら」です。

 以前紹介したブログで、「なかむら」の原酒が「なかむら穣」としましたが、どうやら麹米が異なっているようです。「なかむら穣」はコシヒカリ、「なかむら」にはヒノヒカリが使われています。
 中村酒造場さんは、明治21年創業で「麹室」で「モロ麹」を使って麹を造る純手造りの焼酎蔵です。昔ながらの「大甕」を仕込みに使い、一次・二次仕込みを行いじっくり時間をかけて発酵させる作りが特徴です。原料の黄金千貫は、牧ノ原台地近辺の有機栽培農家の新鮮なものを用いており、いも本来の香りや甘味が焼酎にも感じられるのが特徴です。仕込みに使う水は、やまめの里、霧島連山の伏流水を使用しています。「なかむら」は、原料芋の入手の関係などで需要の多い3月・7月・11月に出荷される数量限定品です。

 開栓すると、それほど強い香りではありませんが、香ばしさは控えめな芳香がフワッと香ります。
 まずは、ストレートで。口に含んだ瞬間感じられる甘みがすばらしいです。全く刺激を感じさせない口当たりはこの蔵の特徴を良く表しています。香りは香ばしさより甘い感じの香りでどちらかというと軽く感じられます。
 ロックで飲むと、一言で表現するなら繊細というべききれいな味わい。口にゆっくり広がるやさしい甘みとコクが感じられ、同時にさらっとした香りを感じます。決して薄っぺらな味わいではなく、しっかりしているのに繊細に感じられる味わいです。
 お湯割りにすると、この焼酎の伸びの良さを感じます。割っているのに味わいが薄まることはなく、とても上品で透明感を感じる味わい。スッキリした中に感じるコクはロックと甲乙つけがたい味わい。

 どのような飲み方でも、上品でスッキリとした味わいを感じるため料理との相性もよく、肉・魚を選ばす飲むことができます。蔵のこだわりがストレートに表れた味わいの焼酎です。
スポンサーサイト
なかむら穣「なかむら穣」 有限会社中村酒造場(鹿児島)
原料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
麹:米麹(コシヒカリ・白麹)
仕込み:一次・甕、二次・タンク
蒸留:常圧蒸留
貯蔵: 甕
度数:37度
容量:720mL

 
今回紹介するのは、蔵元さんとしては初の紹介となる鹿児島県霧島市にある中村酒造場さんの「なかむら穣」です。

 さて、「なかむら穣」は「なかむら」の原酒とされています。
 裏ラベルには「自家製原酒100%」と記され、その下に「自然農法にこだわった原料により、醸した特別限定焼酎です。「麹米」は、霧島連峰の麓でカルゲン農法により収穫された、良質の米を原料とし、「芋」は大隅半島で栽培された焼酎造りに最適のさつまいも(黄金千貫)を厳選し、「霧島連山伏流水」を仕込水に、「河内製・白こうじ(菌)」による手造りカメ仕込みで醸し、静かな酒蔵で、じっくり熟成した最高の薩摩焼酎です。熟成芋焼酎の豊潤な香りと自然の風味が醸した深い味わいが遙かな酔心地を誘います。」と書かれています。

 また、原料生産の芋農家、米農家の名前も記されていますが、仕込みの年でお名前は違うようです。杜氏は上堂薗孝蔵氏と記されていることからも、原料・仕込みにこだわって作られたことが伺えます。

 以前、行きつけの居酒屋さんで飲ませてもらい、度数を感じさせずしっかりとした味わいに感激しました。

 開栓すると、原酒や度数から想像するより濃く力強い香りではありません。ちょっとビックリするくらいです。
 さて、まずはストレートで。37度のアルコール度数を感じさせず、意外にもさらりと口に含むことができます。そして、芋の香りと甘みがじわじわと口の中に広がり、長い余韻としっかりとした上品な芋の甘みを感じます。
 ロックにすると、幾分物足りないくらいの香りになりますが、口に含んだあとにフワっと力強く甘みと香りが広がります。すっきりさが際だち、全く度数を感じさせません。氷が溶け始めると、より甘みを感じることが出来ます。後びくいくぶん香ばしい香りが心地よいです。
 水割りにしてみましたが、イメージは「なかむら」と違って、より穏やかに思えました。お湯割りでもあまりイメージは変わらず・・・。

 なんとも上品で、それでいてしっかりした芋の柔らかい香ばしさ、そしてしっかりした甘みを感じさせてくれる逸品といえます。非常にバランスが良く、度数を感じさせない焼酎です。
 甕仕込みの良さが存分に引き出された、白麹らしい甘みは、私のお気に入りの一本です。
八千代伝「八千代伝」 八木酒造合名会社(鹿児島)
原料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
麹:米麹(黒麹ゴールド)
仕込み:一次・二次とも甕
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:甕
度数:25度
容量:1,800mL

 
今回紹介するのは、以前「八千代伝 熟柿」を紹介した、鹿児島県垂水市の八木酒造さんの「八千代伝」です。

 以前紹介したように、この八木酒造さんは、もともと昭和3年に創業し、八木合名会社「八千代醸造元」として、「八千代」という焼酎を醸し、地元の方に親しまれていたそうです。
 当時の蔵が休蔵となり、「八千代」は生産中止となったそうですが、当時の焼酎をよみがえらせたいとの思いから、30年ぶりに蔵を新たに建設し、復刻されたのが、復刻「八千代伝」です。

 この「八千代伝」は白麹のものと黒麹仕込みのものがあり、白麹は白いラベルに黒文字で、この黒麹仕込みは黒いラベルに茶の文字で「八千代伝」と記されています。
 以前飲んだ「八千代伝 熟柿」はフルーティーで甘みのたっぷりとした味わいでしたが、この黒麹仕込み、開栓してみると、フルーティーというよりは、花というか、香りの強い南国フルーツのような芳香を感じさせる独特の香りとなっています。香りは、通常の黒麹仕込みのものと違い、香ばしさを感じるようなものではありません。

 まずは、ストレートで。香りは口に含んだ瞬間よりも少し遅れて、力強く立ち上がってきます。甘みと旨味がどっぷりと感じられ、後口に少し苦みを感じます。刺激的なものは感じませんが、少々甘ったるい感じもします。
 ロックでは、しっかりとした甘みと旨味というかコクがガツンときます。そして独特の香りが鼻腔を駆け抜けます。ほろ苦さが後から来るため、キリッとした表情を見せます。また、氷が溶け始め、割れていくと甘みとコクが少し和らぎ、旨みを感じることから、水割りも良さそうです。
 お湯割りでは、少々香りがキツく感じられます。甘みや旨味を感じたので期待したのですが、私にはバランスが悪いように思えます。

 「八千代伝 熟柿」がお湯割りでうまかっただけにお湯割りを期待したのですが、意外にもロック、ストレートの方が、良さを感じられました。

 通常の黒麹とは違う、黒麹ゴールドという麹菌のせいか、他の黒麹の焼酎とは一線を画す、独特の甘い香り、そして味わいにも甘みを強く感じる焼酎です。
紅椿720「紅椿」 有限会社白石酒造(鹿児島)
原料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
麹:米麹(黒麹)
仕込み:一次・二次とも甕
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:甕
度数:25度
容量:720mL


 今回紹介するのは、以前紹介した「紅椿」の720mLボトルです。
 これまでに「黒天狗」、「黒吉」、「蔵の影法師」、「麦製 1998年製造」、「白石原酒」を紹介してきましたが、私の大好きな鹿児島県いちき串木野市の白石酒造さんの焼酎です。

紅椿 「紅椿」については、すでに1,800mLの記事で紹介したので、詳しいことはこちらに譲りますが、今回はその720mLボトルです。 この「紅椿」720mL瓶は美しいブルーのボトルに金付き栓となり、円形のラベルとともに、アンティークな雰囲気を漂わせる仕上がりとなっています。

 開封すると、やはり少し華やかさを伴う、白石酒造さんの焼酎らしい香りが漂います。

 ストレートで飲むと、さすがに「花と蝶」の原酒を貯蔵したものと言うだけあって、キレの良さと長期の熟成による厚みのある味わいが感じられます。芋らしい芳香がふわりと香る、何とも心地よい飲み口です。
 ロックにすると、ストレートで感じた甘みがグッと凝縮され、穏やかに香る熟成した香りが広がります。キレもよくすっきりとした味わいです。
 お湯割りはやはり甘みがふっくらとして優しい味わいです。

 1,800mLボトルのものと違うかと言われれば、全体的に720mLボトルの方が穏やかに感じられましたが、同時に飲んだわけではないので、なんとも言えません。
 段ボールを開封すると少し焼酎の香りがするので、キャップの違いで、こちらの方がアルコールが抜けやすいのかもしれません。

 久々に、白石酒造さんの焼酎を飲みましたが、やはり一本筋が通った味わいがあります。手作りの甕壺仕込みがよく生かされた焼酎ですね。
きろく 無濾過「喜六(無濾過・無調整)」 株式会社黒木本店(宮崎)
原料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
麹:米麹(黒麹)

仕込み:一次・二次ともに甕
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:なし
度数:25度
容量:720mL


 今回紹介する焼酎は、以前、「中々」を紹介した宮崎県高鍋町にある黒木本店さんのさんの「喜六」の冬期限定新酒、無濾過・無調整のものです(本来の「喜六」の「き」は感じの七を三つ重ねたもの)。
 レギュラーの「喜六」の原酒を、蒸留したてのまま、濾過や調整を加えず、割水だけしてすぐに瓶詰めされています。このボトルは2006年の冬に仕込まれたもので、発売されてすぐに飲んだものです。

 無濾過・無調整ということで、いわゆるフーゼル油や脂肪酸などが多く含まれており、変質しやすいということから、冷暗所保存とされています。また光を嫌うので、ボトルは黒、そして紙に包まれています。デリケートな焼酎ゆえに、品質保持のため冷蔵庫に入れていましたので、その状態からの評価になります。

 さて、開封です。紙に包まれたボトルを空け、開栓すると、思ったより力強い芋の香りと少し甘い香りが漂います。温度が下がっていますので、意外と控えめに感じました。オリが沈んでいるとまずいので、瓶を上下にひっくり返し軽く振ってから、飲み始めました。

 そこで、まずはストレートでと思い、グラスに注ぎ、少し温度が戻るのを待って飲んでみました。そうすると、かなり香りが力強くなります。熟成された焼酎とは少し違う、ちょっと荒々しい、力強い香りです。口に含むと、熟成した焼酎とは違う、ほとばしる香りが口に広がります。そして、辛みと甘みが舌の上に広がります。
 また、冷蔵庫から出したままの冷たいストレートが、より骨太で芋の風味がたっぷり感じられるような気がします。
 これに氷を加えてロックにしていくと、香りの力強さはそのままに、アルコール感と辛みが控えめになり、甘みが全面に出てきます。力強いのに押しつけがましい味わいではなく、すっきりと上品で穏やかな味わいに変化します。
 お湯割りでは、香りだけが全面に出てしまう感じがして、しかも荒さが目立つ気がします。あまりバランスが良いようには思えませんでした。

 無濾過・無調整といえども、バランスが悪くキツイものではなく、力強くも穏やかで芯の強さを感じさせる味わいと言ったら良いでしょうか。
 冬になると毎年出てくるので、今年も楽しみにしておきたいと思います。

 (2006年冬に記述したものを編集してアップしました)
20070819211500.jpg「八幡」 高良酒造有限会社(鹿児島)
原料:さつまいも・米麹
麹:米麹(黒麹)

仕込み:一次・二次とも甕
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:甕
度数:25度  容量:1,800mL


 今回紹介する焼酎は、鹿児島県川辺町にある高良酒造さんの「八幡」です。
 高良酒造さんといえば、「田倉」と「八幡」が代表銘柄で、家族経営の小規模な蔵元さんであり、年間生産量が非常に少ないため、いずれの焼酎も入手困難な銘柄です。
 「八幡」には25度と35度がありますが、今回飲んだのは25度のレギュラーものです。

 高良酒造さんで使う原料芋は、地元の10軒ほどの農家さんから処理ができるだけ少しずつ仕入れているそうで、麹米も地元産の米だそうです。
 それを家族と数名の方で丁寧に皮むき等の処理をして仕込んでおり、仕込量は400石程度と聞いています。家族でできるだけの量を一日に仕込むということで、小さな蔵元さんらしく、手作りの目の行き届いた焼酎蔵と言えると思います。
 しかも、ラベルに「かめしこみ」とあるとおり、すべての行程が昔ながらの甕仕込みで仕込まれています。

 さて、「八幡」ですが、開封すると芋らしい力強い、そして香ばしい芳香が香ります。香りは力強いといってもキツイものではなく、まろやかな香りです。
 まずは、ストレートで。口に含むと同時に広がる香ばしい香り、力強く甘みを感じさせる口当たりです。最近のすっきり系の焼酎とはひと味違う、しっかりと奥行きのある味わいですが、決してしつこくなく、後味は香りを残してすっきりと消えていきます。
 ロックにすると、甘みが抑えられ、きりっとした味わいになります。ただ、この焼酎の良さである、ふくよかな奥深い味わいを考えると、ロックは少しすっきりしすぎる感があります。
 お湯割りにすると、まろやかで香ばしい香りとともに甘みがたっぷりと感じられ、すばらしいバランスです。また、割っているにもかかわらず、味わいはしっかりと濃く感じられます。

 私は、好みの飲み方がロックなので、他の焼酎も含めてロックで飲むことが多いのですが、これはお湯割りがなんともうまいと思いました。
 前割りで燗をつけて飲みましたが、これもいけてます。
 伝統的、そして本格的な手作りの芋焼酎、まさに王道の飲み方がピッタリ来る焼酎ですね。ちょっとくせになりそうな、すばらしい味わいです。
20070627220051.jpg「あすへの道しるべ」 大海酒造協業組合(鹿児島)
原料:さつまいも(綾紫)・米麹
麹:米麹
仕込み:ステンレスタンク
蒸留:
貯蔵:タンク
度数:25度
容量:1,800mL


 さて、今回紹介する焼酎は、以前「」をご紹介した、鹿児島県鹿屋市の大海酒造さんの「明日への道しるべ」です。この焼酎は、有限会社井出酒店のPBもののようです。

  この「あすへの道しるべ」には、紫芋の「綾紫」が使われており、軽くキレイな焼酎を醸す、大海酒造さんがどのような仕上げをしているのか、他の紫芋の焼酎とどう違うのか、非常に興味がありました。
 その後、調べた情報ではどうやら萬膳酒造場さんとのコラボで造られた焼酎だと言うことがわかりました。仕込みの水などに萬膳酒造場さんのものが使われているようです。

 さて、開封した香りは、さらりとした感じのすっきりした芋焼酎の香りに感じられました。
 まずはストレートで。甘みがまず感じられますが、上質な苦みがスッとのってきます。
 ロックにすると、ストレートで感じられた最初の甘みが少し抑えられ、苦みと甘みが同時に立ちあがってくる感じになります。ほんのりとバナナのような甘い香りが残り心地よく、さらりと感じさせる苦みがその香りと甘みを引き立たせます。また、少し氷が溶けていくと甘みがたってきます。
 お湯割りでも、バランスは崩れませんが、かなりあっさりとしたイメージに変わります。芋らしい芳香がふわりと感じられますが、キレの良さはストレートやロックが良いように感じられます。
 
 大海酒造さんの軽めの仕上がりを想像していたのですが、「海」などとくらべると、しっかりとした感じで、味わい・香りともに強めに感じます。
 限定品とはっきりかかれており、次にいつ出会えるかはわかりませんが、もう一度飲んでみたい焼酎です。
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Angel's Share ~天使の分け前~ all rights reserved.
プロフィール

まなびー

Author:まなびー
九州は大分に住む、とある焼酎好きです。焼酎の感想・・・訪れた蔵元の情報などを掲載しています。

本ブログに掲載される画像・記事の権利は管理者に帰属します。無断での転載・引用等はお断りします。

また、焼酎に関する情報は個人で調査したもので、蔵元の公式情報ではないものもありますので、ご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。