焼酎好きの独り言のブログです。焼酎以外のおいしいお酒のネタも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070128223707.jpg 先日、行きつけの居酒屋でその居酒屋の社長さんとお話していて、岩倉酒造場の話になり「三段じこみ飲みたい」と言ったら、社長曰く「おもしろいものがあるよ」といって出してきたのが、右のボトルです。

 なんと、ラベルには「妻 三段しこみ」と書かれており、「岩倉茂人醸造場」と書かれています。今の「三段仕込み」は左のラベルですから、ずいぶんイメージも違いますし、そう言えば岩倉酒造さんの名前も変わっているようですね。「じこみ」とにごらず「しこみ」となっている点もおもしろいです。

 社長によると、もうずいぶん前のものだそうです。まさに「三段じこみ」のルーツ。しかも未開封なので、瓶の中でどれくらい熟成が進んでいるんでしょうね。飲みたいといいましたが、当然却下されました。
スポンサーサイト
20061002180117.jpg 休日に、ふらっと立ち寄った某酒屋さん。

 焼酎の品揃えが良いと聞いていて、「無濾過たなばた」を購入しに行った時のことです。レジのそばに見慣れないボトルが・・・。

 以前からその存在は知っていても、実物を見たことは無かった「川越1972」の実物をついに発見しました。
 残念ながらこのボトルは空でしたが、隣にはもう少し小さい容量で、まだ中身の入ったものがありました。さすがに売り物ではないとのことでしたが、初めて実物を見て思わず興奮してしまいました。

 通常の川越とはラベルの書体も違いますし、右には誇らしげに「二十八年間貯蔵」と赤い字で記載されています。「川越」の文字の下には「1972」と年号が・・・。
 大好きな「川越」の原点、28年貯蔵の「川越1972」。この世の中から無くなる前になんとか口にしてみたいものです。
yamamoto-no1.jpg 先日紹介した「山元」の記事で、最初のボトルが行きつけの酒屋さんにあるという話を書きました。
 今回、その画像をお許しを頂いて撮ってきました。

 平成14年12月10日初出荷と書かれており、No.1と書かれているのがおわかりになりますよね。まさに、蔵を出た一号の焼酎がこのボトルです。
 山元さんと協力して、この「山元」という焼酎を生み出した酒屋さん。

 お会いをするたびに熱く焼酎への思いを語られる酒屋さんのバックアップがあって生まれた焼酎なんですね。

 今、販売されている「山元」のラベルと違うの・・・わかります?
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Angel's Share ~天使の分け前~ all rights reserved.
プロフィール

まなびー

Author:まなびー
九州は大分に住む、とある焼酎好きです。焼酎の感想・・・訪れた蔵元の情報などを掲載しています。

本ブログに掲載される画像・記事の権利は管理者に帰属します。無断での転載・引用等はお断りします。

また、焼酎に関する情報は個人で調査したもので、蔵元の公式情報ではないものもありますので、ご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。