焼酎好きの独り言のブログです。焼酎以外のおいしいお酒のネタも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかむら穣「なかむら穣」 有限会社中村酒造場(鹿児島)
原料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
麹:米麹(コシヒカリ・白麹)
仕込み:一次・甕、二次・タンク
蒸留:常圧蒸留
貯蔵: 甕
度数:37度
容量:720mL

 
今回紹介するのは、蔵元さんとしては初の紹介となる鹿児島県霧島市にある中村酒造場さんの「なかむら穣」です。

 さて、「なかむら穣」は「なかむら」の原酒とされています。
 裏ラベルには「自家製原酒100%」と記され、その下に「自然農法にこだわった原料により、醸した特別限定焼酎です。「麹米」は、霧島連峰の麓でカルゲン農法により収穫された、良質の米を原料とし、「芋」は大隅半島で栽培された焼酎造りに最適のさつまいも(黄金千貫)を厳選し、「霧島連山伏流水」を仕込水に、「河内製・白こうじ(菌)」による手造りカメ仕込みで醸し、静かな酒蔵で、じっくり熟成した最高の薩摩焼酎です。熟成芋焼酎の豊潤な香りと自然の風味が醸した深い味わいが遙かな酔心地を誘います。」と書かれています。

 また、原料生産の芋農家、米農家の名前も記されていますが、仕込みの年でお名前は違うようです。杜氏は上堂薗孝蔵氏と記されていることからも、原料・仕込みにこだわって作られたことが伺えます。

 以前、行きつけの居酒屋さんで飲ませてもらい、度数を感じさせずしっかりとした味わいに感激しました。

 開栓すると、原酒や度数から想像するより濃く力強い香りではありません。ちょっとビックリするくらいです。
 さて、まずはストレートで。37度のアルコール度数を感じさせず、意外にもさらりと口に含むことができます。そして、芋の香りと甘みがじわじわと口の中に広がり、長い余韻としっかりとした上品な芋の甘みを感じます。
 ロックにすると、幾分物足りないくらいの香りになりますが、口に含んだあとにフワっと力強く甘みと香りが広がります。すっきりさが際だち、全く度数を感じさせません。氷が溶け始めると、より甘みを感じることが出来ます。後びくいくぶん香ばしい香りが心地よいです。
 水割りにしてみましたが、イメージは「なかむら」と違って、より穏やかに思えました。お湯割りでもあまりイメージは変わらず・・・。

 なんとも上品で、それでいてしっかりした芋の柔らかい香ばしさ、そしてしっかりした甘みを感じさせてくれる逸品といえます。非常にバランスが良く、度数を感じさせない焼酎です。
 甕仕込みの良さが存分に引き出された、白麹らしい甘みは、私のお気に入りの一本です。
スポンサーサイト
百年の孤独「百年の孤独」 株式会社黒木本店(宮崎)
原料:麦(九州産二条大麦)・麦麹

麹:麦麹(白麹)   仕込み:甕
蒸留:減圧蒸留   貯蔵:樫樽
度数:40度  容量:720mL

 今回の紹介する焼酎は、以前「中々」を紹介した、宮崎県高鍋町にある黒木本店さんの「百年の孤独」です。「中々」の原酒を樫樽にて長期貯蔵したものが、この「百年の孤独」です。
 20年ほど前に宮崎に住んでおり、地元に戻ってから宮崎の友人にいただいたのが初めての出会いだったと思います。

 純粋な焼酎というイメージからすると、私にとって樽貯蔵の香りがついたものは、焼酎というジャンルの飲み物とは違うものになっていると思うのですが、焼酎に目を向けさせてくれた貴重な一本として、久々に飲む機会があったので紹介します。

 開栓すると、やはり、独特の樫樽の香りがします。度数も40度と高いので、樽の香りがブワッと立ち上がり、そして同時に甘い香りがします。
 まずは、ストレートで。さすがに度数が高いので、アルコール感が喉越しの際に感じられますが、予想外にまろやかです。香りは思ったよりも柔らかで、樫樽のかぐわしい香りはまさにウイスキーなどのイメージです。
 ロックにすると、アルコール感が和らぎ、甘い香りがより素直に感じられるようになり、口に含むと喉越しと同時にゆるやかに甘みが広がってきます。苦みなどは感じられず、非常に飲みやすいですね。氷が溶け始めると、ますます飲みやすくなり、香りはフルーティーな香りに感じられます。
 水割りでも、同様の傾向ですが、この焼酎の特徴である甘い香りが弱くなってしまいます。
 ラベルには、ストレート、オンザロックス、水割り50/50が最適と書いてありますが、私はやはりロックが一番旨いと感じました。
 麦焼酎とはいえ、麦の香ばしさなどというレベルではなく、まさにこの樫樽の香りを楽しむ焼酎といえます。

 「百年の孤独」とは、作家ガルシア・マルクスの小説のタイトルからとったそうで、しゃれた神のパッケージにコルク製のラベルが貼られ、パッケージの継ぎ目の部分には、小さく、ジャズ・サックスプレイヤーのエリックドルフィーの言葉が“When you hear music. after it's over. it's gone in the air. You can never capture it again.”と印刷されています。
 私もジャズを聴きますが、食事を終え、一日の終わりにロックで飲む・・・まさに、疲れをとる飲み物かもしれません。そう考えれば、焼酎の原点「ダレヤメ」に通じるんですね。
あさびらき純米原酒 無濾過「あさ開 純米原酒 無濾過酒」 株式会社 あさ開(岩手)
原料:米・米麹
原料米:岩手県産酒造米100%

精米歩合:65%  日本酒度:+1  酸度:1.8
度数:17度以上18度未満
容量:500mL

 今回紹介するのは、日本酒です。このブログで初の日本酒の紹介になります。

 最初の日本酒は「あさ開」ブランドで清酒を醸している、岩手県盛岡市にあるあさ開さんの「あさびらき蔵元直送 原酒 倶楽部 純米原酒 無濾過酒」です。
 岩手と言えば、日本三大杜氏の南部杜氏が活躍する名酒の作られる土地です。県外にほとんど出ず、東北地方を主体に消費されるとのことで、この「あさ開 純米原酒 無濾過酒」も現地にて初めて飲んだものです。

 「あさ開」の蔵元さんは、全国新酒鑑評会で唯一の12年連続金賞受賞中とのことで、非常に実力ある蔵元さんです。この酒は、ボトル自体にはラベルがなく、瓶に巻かれた新聞紙にこのラベルが貼られていました。

 さて、日本酒で原酒とは、と思われるかもしれませんが、清酒でも実際には和水が行われ、14~15度程度に度数が調整されています。このため、この酒は17~18度と度数が高めになっています。さらに無濾過であり、醪を絞ったままの状態の酒となっています。

 開栓すると、少し麹の香りが残ったような濃い香りがします。
 冷酒の状態で口に含みましたが、ラベルに濃醇の味わいとあるとおり、コクのあるしっかりとした味わいです。しかし、甘くてベタッとした感じではなく、コクがあるのにさらりとしている味わいです。
 今回は、サンマの刺身をアテにしながら味わいましたが、脂の濃いサンマにも全く負けないどっしりとした味わいです。また、アルコール度数が少し高いので、キレが良く感じられ、さっぱりと味わえます。
 温度が少し戻ってくると、より濃い味わいが感じられます。

 普段あまり日本酒を飲まないのですが、おいしいつまみとともにスイスイと口に入り、あっという間に空になってしまいました。
佐藤 麦「佐藤 麦」 佐藤酒造有限会社(鹿児島)
原料:麦・麦麹

麹:麦麹(白麹)
仕込み:タンク
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:タンク
度数:25度
容量:720mL

 今回紹介する焼酎は、以前、「佐藤 白麹仕込」「佐藤 黒麹仕込」を紹介した、鹿児島県牧園町にある佐藤酒造さんの「佐藤 麦」です。

 佐藤酒造さんが、麦?と思いましたが、キレイな焼酎を造る佐藤酒造の麦焼酎ということで、期待して開封しました。
  開封すると、香ばしい麦の香りが漂います。鼻を近づけてみると、ガツン系焼酎に通ずる香ばし系の香りです。これは、味わいも期待できそうです。

  まずは、ストレートで。まずはふわっと香ばしい香りが鼻腔を抜けます。その後、穏やかな甘みがスーッと引いていき、その後にほんの少し苦みを感じます。キレがよく、後口は非常にすっきりしており、まさに佐藤の麦というにふさわしい味わいです。
 ロックにすると、香りの力強さが抑えられ、味わいは甘みが少し強く感じられるようになります。しかし、後口はいくぶんすっきりしすぎるかのように、あっさりと消えてしまいます。もう少し長く余韻が味わえると良いなと思います。
  お湯割りにすると、この焼酎の荒さが出てくる気がします。ちょっとピリッとした辛みが顔を出し、同時に苦みが先に感じられるようです。せっかくのキレイな甘みが伸びてきません。

 香りがこれだけしっかりしているということは、濾過はかなり弱めでしょう。
  この焼酎は、飲み方のターゲットをはっきりとロックにしているのではないでしょうか。それぐらいロックでは香り・甘み、そして引きの良さなど、まさに芳香とすっきりとした切れ味が良くなります。
  すでに4~5本飲みましたが、ロックにして食中酒にすると、いろいろな料理に合わせやすく、お刺身などの邪魔もしません。
 まだ、世に生を受けたばかりで、これから少しずつ変化していくのではないでしょうか。佐藤酒造さんの新星に期待したいと思います。
八千代伝「八千代伝」 八木酒造合名会社(鹿児島)
原料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
麹:米麹(黒麹ゴールド)
仕込み:一次・二次とも甕
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:甕
度数:25度
容量:1,800mL

 
今回紹介するのは、以前「八千代伝 熟柿」を紹介した、鹿児島県垂水市の八木酒造さんの「八千代伝」です。

 以前紹介したように、この八木酒造さんは、もともと昭和3年に創業し、八木合名会社「八千代醸造元」として、「八千代」という焼酎を醸し、地元の方に親しまれていたそうです。
 当時の蔵が休蔵となり、「八千代」は生産中止となったそうですが、当時の焼酎をよみがえらせたいとの思いから、30年ぶりに蔵を新たに建設し、復刻されたのが、復刻「八千代伝」です。

 この「八千代伝」は白麹のものと黒麹仕込みのものがあり、白麹は白いラベルに黒文字で、この黒麹仕込みは黒いラベルに茶の文字で「八千代伝」と記されています。
 以前飲んだ「八千代伝 熟柿」はフルーティーで甘みのたっぷりとした味わいでしたが、この黒麹仕込み、開栓してみると、フルーティーというよりは、花というか、香りの強い南国フルーツのような芳香を感じさせる独特の香りとなっています。香りは、通常の黒麹仕込みのものと違い、香ばしさを感じるようなものではありません。

 まずは、ストレートで。香りは口に含んだ瞬間よりも少し遅れて、力強く立ち上がってきます。甘みと旨味がどっぷりと感じられ、後口に少し苦みを感じます。刺激的なものは感じませんが、少々甘ったるい感じもします。
 ロックでは、しっかりとした甘みと旨味というかコクがガツンときます。そして独特の香りが鼻腔を駆け抜けます。ほろ苦さが後から来るため、キリッとした表情を見せます。また、氷が溶け始め、割れていくと甘みとコクが少し和らぎ、旨みを感じることから、水割りも良さそうです。
 お湯割りでは、少々香りがキツく感じられます。甘みや旨味を感じたので期待したのですが、私にはバランスが悪いように思えます。

 「八千代伝 熟柿」がお湯割りでうまかっただけにお湯割りを期待したのですが、意外にもロック、ストレートの方が、良さを感じられました。

 通常の黒麹とは違う、黒麹ゴールドという麹菌のせいか、他の黒麹の焼酎とは一線を画す、独特の甘い香り、そして味わいにも甘みを強く感じる焼酎です。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Angel's Share ~天使の分け前~ all rights reserved.
プロフィール

まなびー

Author:まなびー
九州は大分に住む、とある焼酎好きです。焼酎の感想・・・訪れた蔵元の情報などを掲載しています。

本ブログに掲載される画像・記事の権利は管理者に帰属します。無断での転載・引用等はお断りします。

また、焼酎に関する情報は個人で調査したもので、蔵元の公式情報ではないものもありますので、ご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。