焼酎好きの独り言のブログです。焼酎以外のおいしいお酒のネタも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかむら「なかむら」 有限会社中村酒造場(鹿児島)
原料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
麹:米麹(ヒノヒカリ・白麹)
仕込み:一次・甕、二次・タンク
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:甕
度数:25度
容量:1,800mL

 今回紹介するのは、以前「なかむら穣」を紹介した鹿児島県霧島市にある中村酒造場さんの「なかむら」です。

 以前紹介したブログで、「なかむら」の原酒が「なかむら穣」としましたが、どうやら麹米が異なっているようです。「なかむら穣」はコシヒカリ、「なかむら」にはヒノヒカリが使われています。
 中村酒造場さんは、明治21年創業で「麹室」で「モロ麹」を使って麹を造る純手造りの焼酎蔵です。昔ながらの「大甕」を仕込みに使い、一次・二次仕込みを行いじっくり時間をかけて発酵させる作りが特徴です。原料の黄金千貫は、牧ノ原台地近辺の有機栽培農家の新鮮なものを用いており、いも本来の香りや甘味が焼酎にも感じられるのが特徴です。仕込みに使う水は、やまめの里、霧島連山の伏流水を使用しています。「なかむら」は、原料芋の入手の関係などで需要の多い3月・7月・11月に出荷される数量限定品です。

 開栓すると、それほど強い香りではありませんが、香ばしさは控えめな芳香がフワッと香ります。
 まずは、ストレートで。口に含んだ瞬間感じられる甘みがすばらしいです。全く刺激を感じさせない口当たりはこの蔵の特徴を良く表しています。香りは香ばしさより甘い感じの香りでどちらかというと軽く感じられます。
 ロックで飲むと、一言で表現するなら繊細というべききれいな味わい。口にゆっくり広がるやさしい甘みとコクが感じられ、同時にさらっとした香りを感じます。決して薄っぺらな味わいではなく、しっかりしているのに繊細に感じられる味わいです。
 お湯割りにすると、この焼酎の伸びの良さを感じます。割っているのに味わいが薄まることはなく、とても上品で透明感を感じる味わい。スッキリした中に感じるコクはロックと甲乙つけがたい味わい。

 どのような飲み方でも、上品でスッキリとした味わいを感じるため料理との相性もよく、肉・魚を選ばす飲むことができます。蔵のこだわりがストレートに表れた味わいの焼酎です。
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Angel's Share ~天使の分け前~ all rights reserved.
プロフィール

まなびー

Author:まなびー
九州は大分に住む、とある焼酎好きです。焼酎の感想・・・訪れた蔵元の情報などを掲載しています。

本ブログに掲載される画像・記事の権利は管理者に帰属します。無断での転載・引用等はお断りします。

また、焼酎に関する情報は個人で調査したもので、蔵元の公式情報ではないものもありますので、ご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。