焼酎好きの独り言のブログです。焼酎以外のおいしいお酒のネタも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070129230617.jpg「杜氏潤平 手造り 紅芋華どり」 小玉醸造合名会社(宮崎)
原料:さつまいも(紅芋寿)・米麹
麹:米麹(白麹)

仕込み:一次・甕、二次・ステンレスタンク
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:ステンレスタンク
度数:44度
容量:360mL


 今回紹介する焼酎は、以前、「おびの蔵から」や「杜氏潤平」を紹介した、宮崎県日南市にある小玉醸造さんの「杜氏潤平 手造り 紅芋華どり」です。
 杜氏潤平の初留(ハナタレ)で、容量はわずか360mL(2合)、度数は44度あります。

 以前紹介した「杜氏潤平」は、地元で作られる食用の紅寿芋を原料に、丁寧に醸された焼酎で、ふくよかな甘みのある焼酎でしたが、その初留(ハナタレ)ということで、コクのある甘みを期待させます。

 陶器瓶に差し込まれたコルク栓を抜くと、フワッと濃厚な芋の香りがします。常温での香りは度数が高いこともあり少々アルコールっぽい感もありますが、独特の甘ったるい「杜氏潤平」の香りです。

 まずはストレートで。さすがに多少アルコール感が感じられ刺激があります。しかし口に残る濃厚な甘みと完熟した柑橘を思わせる香りは特筆ものです。
 度数が高いので、冷凍庫で冷やしてキンキンな状態で飲むと、アルコールの刺激が全くなくなり、トロッとした上品な甘みと後からフワッと広がるフルーティーな香りが何とも心地良いです。度数を全く感じさせません。
 冷蔵庫で冷やす程度でも、ほぼ同じようにアルコールの刺激が全くなく、甘みはこちらの方が感じられます。
 ロックだと、さらに飲みやすくなってしまいます。香りは柑橘系というかフルーティーさがあります。また、氷が溶けていく過程で、甘みがすごく感じられるようになり、これまた旨いです。あらかじめ割り水をして、ロックでも良いかもしれません。

 冷やしてしまうと、味の広がりという意味では少し小さくなってしまいます。
 ストレートが一番、この焼酎の良さである香りと甘みを味わえます。ただ、飲み続けるには、少し冷やした方が飲みやすいですね。

 初留(ハナタレ)としては、とても飲みやすい焼酎だと思います。年に一度の出荷とされています。このボトルは2006年に詰められたものでした。
 非常に完成度の高い、初留(ハナタレ)焼酎で、私のお気に入りの一つです。
スポンサーサイト
蔵で飲みました
一昨年の12月に蔵へお邪魔した際に来春発売予定のものを飲ませていただきました。
最初はアルコールがきつく感じましたが、その後潤平君らしい優しい味わいが余韻に残りました。人柄の現れている焼酎だと思います。

以上
【2007/01/31 Wed】 URL // You #3/VKSDZ2 [ 編集 ]
紅芋原酒と
 比べると、華どりの方が香りが華やかですね。余韻も長く楽しめます。
 この蔵元さんの焼酎は、一本筋が通ってますよね。
 潤平さんに一度お会いしてみたいのですが・・・
【2007/02/04 Sun】 URL // まなびー #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://manabee.blog69.fc2.com/tb.php/61-ed6c93e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Angel's Share ~天使の分け前~ all rights reserved.
プロフィール

まなびー

Author:まなびー
九州は大分に住む、とある焼酎好きです。焼酎の感想・・・訪れた蔵元の情報などを掲載しています。

本ブログに掲載される画像・記事の権利は管理者に帰属します。無断での転載・引用等はお断りします。

また、焼酎に関する情報は個人で調査したもので、蔵元の公式情報ではないものもありますので、ご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。