焼酎好きの独り言のブログです。焼酎以外のおいしいお酒のネタも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KUROBOZE.jpg「KUROBOZE」 株式会社久家本店(大分)
原料:麦(はだか麦)・麦麹
麹:麦麹(黒麹)

仕込み:ホーロータンク
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:ホーロータンク
度数:25度
容量:900mL


 今回紹介する焼酎は、大分県臼杵市にある、以前、「常蔵~ブルーラベル~」や「常蔵」を紹介した久家本店さんの「KUROBOZE」です。
 久家本店さんといえば、竹炭濾過による穏やかな焼酎がメインですが、この「KUROBOZE」は、大分県産のはだか麦(ぼうず麦)を100%原料として使用し、黒麹仕込み、さらに粗ろ過(竹炭ろ過なし)となっています。
 麦の香りと香ばしさを重視した造りで、いわゆる“ガツン系”といわれる焼酎のようです。
 昨年、仕事で臼杵に出向いた際に、久家本店さんの直売店「満寿屋」さんで購入しました。

 開栓すると、香ばしい麦の香りが立ち上がり、それとともに黒麹仕込みらしい甘みのある香りが漂います。

 まずはストレートで。口に含むと香ばしい香りが口いっぱいに広がり、その後でほろ苦く辛口の味わいながら、黒麹らしい甘みのある味わいが広がります。
 ロックにすると、よりキレがよくなりドライな味わいになります。ほろ苦さとゆっくり広がる甘み、そして長く余韻を残す麦の香ばしい香り。非常にバランスよく飲めます。
 お湯割りにすると、特徴である香ばしい香りが最大限に引き立つように感じます。口当たりのほろ苦さが若干強く感じられるようなきらいはありますが、これも旨いです。

 私の好みとすれば、お湯割りの香ばしい香りも捨てがたいのですが、やはりロックです。芯の通った力強い味わいと長く残る余韻が、この焼酎の特徴である粗ろ過、黒麹仕込みの力強さを感じさせます。

 また、口当たりに少しほろ苦さがあり辛口のため、料理とも合わせやすく、どのような料理でも楽しめる焼酎ではないでしょうか。
 久家本店さんが、その特徴である「竹炭ろ過」をあえて行わなかった意味がわかるような気がします。
スポンサーサイト
kuroboze
横浜焼酎委員会の大選集で飲んできました。
これは、旨かったです。
甘味と苦味の程よいバランスが絶品です。
麦の特性を生かすためにも、「竹炭ろ過」しなかったのは。正解です。^^

以上
【2007/06/26 Tue】 URL // You #3/VKSDZ2 [ 編集 ]
そちらにも
 出回っているんですね。
 確かに苦みが生きたバランスのよい焼酎だと思います。
 同じ蔵の「嵐影」は飲まれましたか?
【2007/06/27 Wed】 URL // まなびー #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://manabee.blog69.fc2.com/tb.php/65-aa99036a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Angel's Share ~天使の分け前~ all rights reserved.
プロフィール

まなびー

Author:まなびー
九州は大分に住む、とある焼酎好きです。焼酎の感想・・・訪れた蔵元の情報などを掲載しています。

本ブログに掲載される画像・記事の権利は管理者に帰属します。無断での転載・引用等はお断りします。

また、焼酎に関する情報は個人で調査したもので、蔵元の公式情報ではないものもありますので、ご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。