焼酎好きの独り言のブログです。焼酎以外のおいしいお酒のネタも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅椿720「紅椿」 有限会社白石酒造(鹿児島)
原料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
麹:米麹(黒麹)
仕込み:一次・二次とも甕
蒸留:常圧蒸留
貯蔵:甕
度数:25度
容量:720mL


 今回紹介するのは、以前紹介した「紅椿」の720mLボトルです。
 これまでに「黒天狗」、「黒吉」、「蔵の影法師」、「麦製 1998年製造」、「白石原酒」を紹介してきましたが、私の大好きな鹿児島県いちき串木野市の白石酒造さんの焼酎です。

紅椿 「紅椿」については、すでに1,800mLの記事で紹介したので、詳しいことはこちらに譲りますが、今回はその720mLボトルです。 この「紅椿」720mL瓶は美しいブルーのボトルに金付き栓となり、円形のラベルとともに、アンティークな雰囲気を漂わせる仕上がりとなっています。

 開封すると、やはり少し華やかさを伴う、白石酒造さんの焼酎らしい香りが漂います。

 ストレートで飲むと、さすがに「花と蝶」の原酒を貯蔵したものと言うだけあって、キレの良さと長期の熟成による厚みのある味わいが感じられます。芋らしい芳香がふわりと香る、何とも心地よい飲み口です。
 ロックにすると、ストレートで感じた甘みがグッと凝縮され、穏やかに香る熟成した香りが広がります。キレもよくすっきりとした味わいです。
 お湯割りはやはり甘みがふっくらとして優しい味わいです。

 1,800mLボトルのものと違うかと言われれば、全体的に720mLボトルの方が穏やかに感じられましたが、同時に飲んだわけではないので、なんとも言えません。
 段ボールを開封すると少し焼酎の香りがするので、キャップの違いで、こちらの方がアルコールが抜けやすいのかもしれません。

 久々に、白石酒造さんの焼酎を飲みましたが、やはり一本筋が通った味わいがあります。手作りの甕壺仕込みがよく生かされた焼酎ですね。
スポンサーサイト
好き嫌いの差が有ります
「花と蝶」の原酒を熟成させたものらしいですが、明白に「花と蝶」とは味わいが違うような気がします。
事実、仲間内では、「花と蝶」は好きだが、この「紅椿」は・・・・と言うのが多いです。
何ででしょうかねぇ?--;

以上
【2007/08/26 Sun】 URL // You #3/VKSDZ2 [ 編集 ]
そうですか~
 私も白石酒造の銘柄でいうなら、「黒吉」「影法師」「黒天狗」が好きなんです。
 Youさんのいわれるように「花と蝶」と「紅椿」は同じ原酒とは思えないくらい、味わいが違いますね。不思議です。
 今度、じっくり飲み比べてみます。
【2007/08/29 Wed】 URL // まなびー #- [ 編集 ]
黒天狗、影法師、黒吉
まなびーさんと好み一緒ですねぇ。^^
仲間内でも、これらは評判良いですよ。

以上
【2007/08/30 Thu】 URL // You #3/VKSDZ2 [ 編集 ]
確かに・・・
 好みが同じですね。
 最近、白石から浮気しっぱなしで・・・(汗)
【2007/09/01 Sat】 URL // まなびー #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://manabee.blog69.fc2.com/tb.php/74-4041c589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Angel's Share ~天使の分け前~ all rights reserved.
プロフィール

まなびー

Author:まなびー
九州は大分に住む、とある焼酎好きです。焼酎の感想・・・訪れた蔵元の情報などを掲載しています。

本ブログに掲載される画像・記事の権利は管理者に帰属します。無断での転載・引用等はお断りします。

また、焼酎に関する情報は個人で調査したもので、蔵元の公式情報ではないものもありますので、ご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。