焼酎好きの独り言のブログです。焼酎以外のおいしいお酒のネタも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
百年の孤独「百年の孤独」 株式会社黒木本店(宮崎)
原料:麦(九州産二条大麦)・麦麹

麹:麦麹(白麹)   仕込み:甕
蒸留:減圧蒸留   貯蔵:樫樽
度数:40度  容量:720mL

 今回の紹介する焼酎は、以前「中々」を紹介した、宮崎県高鍋町にある黒木本店さんの「百年の孤独」です。「中々」の原酒を樫樽にて長期貯蔵したものが、この「百年の孤独」です。
 20年ほど前に宮崎に住んでおり、地元に戻ってから宮崎の友人にいただいたのが初めての出会いだったと思います。

 純粋な焼酎というイメージからすると、私にとって樽貯蔵の香りがついたものは、焼酎というジャンルの飲み物とは違うものになっていると思うのですが、焼酎に目を向けさせてくれた貴重な一本として、久々に飲む機会があったので紹介します。

 開栓すると、やはり、独特の樫樽の香りがします。度数も40度と高いので、樽の香りがブワッと立ち上がり、そして同時に甘い香りがします。
 まずは、ストレートで。さすがに度数が高いので、アルコール感が喉越しの際に感じられますが、予想外にまろやかです。香りは思ったよりも柔らかで、樫樽のかぐわしい香りはまさにウイスキーなどのイメージです。
 ロックにすると、アルコール感が和らぎ、甘い香りがより素直に感じられるようになり、口に含むと喉越しと同時にゆるやかに甘みが広がってきます。苦みなどは感じられず、非常に飲みやすいですね。氷が溶け始めると、ますます飲みやすくなり、香りはフルーティーな香りに感じられます。
 水割りでも、同様の傾向ですが、この焼酎の特徴である甘い香りが弱くなってしまいます。
 ラベルには、ストレート、オンザロックス、水割り50/50が最適と書いてありますが、私はやはりロックが一番旨いと感じました。
 麦焼酎とはいえ、麦の香ばしさなどというレベルではなく、まさにこの樫樽の香りを楽しむ焼酎といえます。

 「百年の孤独」とは、作家ガルシア・マルクスの小説のタイトルからとったそうで、しゃれた神のパッケージにコルク製のラベルが貼られ、パッケージの継ぎ目の部分には、小さく、ジャズ・サックスプレイヤーのエリックドルフィーの言葉が“When you hear music. after it's over. it's gone in the air. You can never capture it again.”と印刷されています。
 私もジャズを聴きますが、食事を終え、一日の終わりにロックで飲む・・・まさに、疲れをとる飲み物かもしれません。そう考えれば、焼酎の原点「ダレヤメ」に通じるんですね。
スポンサーサイト
百年の孤独
確かに、焼酎じゃないと思います。
出来れば、もうちょっとガツン感があれば、焼酎らしかったのかなぁ・・・・と思うのですが。^^;

以上
【2007/09/05 Wed】 URL // You #3/VKSDZ2 [ 編集 ]
そうですね~
 麦の香りとか香ばしさとは無縁の世界ですね。
 樽貯蔵でも、しっかりと樽の香りをつけたもの、あっさりとさせて焼酎本来の香りを残したものなど、様々ですが、これは、前者ですね。
【2007/09/06 Thu】 URL // まなびー #- [ 編集 ]
福岡出身の前上司が百年の孤独が大好きで、
転勤するときに相方がプレゼントしてました。
私も購入してみましたが、良くも悪くもなかなか手が伸びずまだ飲んだことがありません(^^;
【2007/09/06 Thu】 URL // ロニー #EHyT.yes [ 編集 ]
ロニーさん
 一度、飲んでみてください。
 といっても、書いてあるとおり、焼酎という気はしませんが・・・。
 これはこれでアリだと思います。
【2007/09/15 Sat】 URL // まなびー #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://manabee.blog69.fc2.com/tb.php/78-423f4d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Angel's Share ~天使の分け前~ all rights reserved.
プロフィール

まなびー

Author:まなびー
九州は大分に住む、とある焼酎好きです。焼酎の感想・・・訪れた蔵元の情報などを掲載しています。

本ブログに掲載される画像・記事の権利は管理者に帰属します。無断での転載・引用等はお断りします。

また、焼酎に関する情報は個人で調査したもので、蔵元の公式情報ではないものもありますので、ご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。