焼酎好きの独り言のブログです。焼酎以外のおいしいお酒のネタも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかむら穣「なかむら穣」 有限会社中村酒造場(鹿児島)
原料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
麹:米麹(コシヒカリ・白麹)
仕込み:一次・甕、二次・タンク
蒸留:常圧蒸留
貯蔵: 甕
度数:37度
容量:720mL

 
今回紹介するのは、蔵元さんとしては初の紹介となる鹿児島県霧島市にある中村酒造場さんの「なかむら穣」です。

 さて、「なかむら穣」は「なかむら」の原酒とされています。
 裏ラベルには「自家製原酒100%」と記され、その下に「自然農法にこだわった原料により、醸した特別限定焼酎です。「麹米」は、霧島連峰の麓でカルゲン農法により収穫された、良質の米を原料とし、「芋」は大隅半島で栽培された焼酎造りに最適のさつまいも(黄金千貫)を厳選し、「霧島連山伏流水」を仕込水に、「河内製・白こうじ(菌)」による手造りカメ仕込みで醸し、静かな酒蔵で、じっくり熟成した最高の薩摩焼酎です。熟成芋焼酎の豊潤な香りと自然の風味が醸した深い味わいが遙かな酔心地を誘います。」と書かれています。

 また、原料生産の芋農家、米農家の名前も記されていますが、仕込みの年でお名前は違うようです。杜氏は上堂薗孝蔵氏と記されていることからも、原料・仕込みにこだわって作られたことが伺えます。

 以前、行きつけの居酒屋さんで飲ませてもらい、度数を感じさせずしっかりとした味わいに感激しました。

 開栓すると、原酒や度数から想像するより濃く力強い香りではありません。ちょっとビックリするくらいです。
 さて、まずはストレートで。37度のアルコール度数を感じさせず、意外にもさらりと口に含むことができます。そして、芋の香りと甘みがじわじわと口の中に広がり、長い余韻としっかりとした上品な芋の甘みを感じます。
 ロックにすると、幾分物足りないくらいの香りになりますが、口に含んだあとにフワっと力強く甘みと香りが広がります。すっきりさが際だち、全く度数を感じさせません。氷が溶け始めると、より甘みを感じることが出来ます。後びくいくぶん香ばしい香りが心地よいです。
 水割りにしてみましたが、イメージは「なかむら」と違って、より穏やかに思えました。お湯割りでもあまりイメージは変わらず・・・。

 なんとも上品で、それでいてしっかりした芋の柔らかい香ばしさ、そしてしっかりした甘みを感じさせてくれる逸品といえます。非常にバランスが良く、度数を感じさせない焼酎です。
 甕仕込みの良さが存分に引き出された、白麹らしい甘みは、私のお気に入りの一本です。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://manabee.blog69.fc2.com/tb.php/79-28aa655a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Angel's Share ~天使の分け前~ all rights reserved.
プロフィール

まなびー

Author:まなびー
九州は大分に住む、とある焼酎好きです。焼酎の感想・・・訪れた蔵元の情報などを掲載しています。

本ブログに掲載される画像・記事の権利は管理者に帰属します。無断での転載・引用等はお断りします。

また、焼酎に関する情報は個人で調査したもので、蔵元の公式情報ではないものもありますので、ご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。