焼酎好きの独り言のブログです。焼酎以外のおいしいお酒のネタも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喜太浪「喜太浪」 喜界島酒造株式会社(鹿児島)
原料:黒糖・米麹
麹:米麹(白麹)
仕込み:タンク
蒸留:
貯蔵:タンク
度数:25度
容量:720mL

 今回紹介するのは、鹿児島県大島郡喜界町にある喜界島酒造さんの黒糖焼酎「喜太浪」です。  
 ただ、喜界島酒造さんのサイトには「喜太浪」は、商品として載っていません。どこかのPB商品なんでしょうか。

 黒糖焼酎は、製法そのものは焼酎のそれですが、二次仕込みの際に芋焼酎であれば蒸した芋を入れるところを、さとうきびから作った黒糖をとかしたものを加えて発酵させるところが大きな違いです。
 黒糖焼酎というと、甘いと言われる方がいますが、実際には当然糖分ゼロです。黒糖をつかう酒であれば本来「スピリッツ」になりラム酒と同じ扱いになるのですが、戦後、奄美地方の振興策として酒税の低い焼酎として認められ現在に至っています。

 さて、余談はさておき、奄美大島の東に寄り添うように浮かぶ喜界島でこの焼酎は造られています。喜界島酒造さんといえば「くろちゅう」ブランドとして、レギュラー酒の「喜界島」が有名ですが、この焼酎はあまり見たことがありません。人からの頂き物で入手しました。

 開栓すると、黒糖ならではの甘い香りとともに、他の黒糖焼酎よりもラム酒のような香りが強く感じられます。
 ストレートで口に含むと、口当たりは柔らかいのですが、度数を強めに感じられるように思います。たっぷりとした甘みとほのかに香るラムのような香り、さらに少し香ばしい穀物の香りを感じます。
 ロックにすると、キリッとした口当たりに変わり、口に含んだ後に香りと甘みが広がります。そして喉越しが非常にさわやかです。喉越しの後もしっかりと香りが鼻腔に残ります。
 泡盛や黒糖は地元では水割りでも飲まれるので、水割りを作ってみましたが、あっさりとするのですが喉越しのさわやかさがさらに良くなり、鼻腔に残る香りもほのかな感じで、食事の邪魔をすることもなさそうです。
 お湯割りは、甘みに加えてちょっと辛みが出てくる感じがします。香りは非常に良いのですが、香りそのものは弱くなり、口当たりがソフトになります。

 黒糖なら30度くらいが旨いと思いますが、25度のせいもあって、ロックが飲みやすく、また食中酒としては水割りがいけるようです。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://manabee.blog69.fc2.com/tb.php/81-20c8da01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Angel's Share ~天使の分け前~ all rights reserved.
プロフィール

まなびー

Author:まなびー
九州は大分に住む、とある焼酎好きです。焼酎の感想・・・訪れた蔵元の情報などを掲載しています。

本ブログに掲載される画像・記事の権利は管理者に帰属します。無断での転載・引用等はお断りします。

また、焼酎に関する情報は個人で調査したもので、蔵元の公式情報ではないものもありますので、ご了承ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。